「パンドラ:アバターの世界」最新情報!プレオープンに行ってきました!

スポンサードリンク

私事ですが、最近隣の市へ引っ越しをして猛烈にバタバタしてしまい、久々の投稿になってしまいました。やっぱり子供と一緒の引っ越しは大変ですね・・開梱が全く進みません・・。

さてさてそんな中、前回スニークピークにてご紹介したパンドラ:アバターの世界(Pandora : World of Avatar )ですが、5月27日のグランドオープンに先駆けて5月13日、年間パスポート保持者向けのプレビューオープンに行ってきました!

結論から言うと・・めっちゃすごかったです!!ディテールがすご過ぎる!!!しかもバンシー(空飛ぶドラゴンのやつ)らしきものも見れた!?!?ゲリラ豪雨の中も走った!などなど、たくさんレポートしたいことがあるので、いくつかの投稿に分けてお伝えしようと思います。

さて当日、車でそそくさとマクドナルドを食べて(アニマルキングダムパーキングゲイトのすぐ近くにあるマクドが便利☆)、いよいよ現地へ向かうことに。今日は2:00から4:00の2時間のみの体験のため、子供たちは義両親と一緒にお留守番(すまぬ我が子達よ・・)。20分ほど前に入口付近へ到着するともうすでに長蛇の列でした。

入口が全く見えないところから並び始め・・

少し遅れて2:10くらいにやっと列が動き出しました。入口は外から見えないようにしているためドアが一つのみ。ドキドキしながら押し合わずゆっくり歩きます。

やっと半分まで来た~!ドアが見える!

入るぞ~!!!

さて、今回はエリアの風景や建築ディテールについて。エリアを歩いた様子を撮ったビデオも最後に載せています。

ドアを入ると前回少しお見せした橋を渡りながらパンドラの世界へ入っていきます。今回ディズニーは、このパンドラのエリアをパーク内の一部としてではなく、別の目的地という設定で作り上げたそうで、パンドラの研究を続けるグループACE ( Alpha Centauri Expeditions ) の公式ウェブサイトまであります。細かいところでもディズニー色、テーマパーク色をあまり出さないように工夫もされています。

まず入って「お~っ」となったのが数ある奇妙な植物たちの中でも一番大きいと思われるこれ。なんだかスチームっぽいのも出してます。

本物の植物の中に、作り物の奇妙な植物がものすごく上手に混ぜ込まれていてこれまた圧巻。

水の中には奇妙な生き物も。

そしてそして更に進んでいくと・・デッデーーーン!!

その名もFloating Mountains (空に浮く山)。これを何もないところから作り上げたなんて考えられません。さらにいったいどうやったらこうやって巨大岩山が4つも浮くの?・・左からは滝なんか流れてるし・・何度見ても鳥肌ものです。ちなみにこの下を歩いて通ることもできます。

右上のかわいらしい岩も、つるで繋がってるだけで完全に浮いてる・・もう意味がわからん。

真下からの景色はさらに圧巻

滝側のすぐ前には巨大太鼓も。叩くと面白い音が出てきます。

他にも歩いていくと、細かーいところ隅々まで凝っているなあと感じる箇所がたくさんありました。

真新しいはずなのに廃れた感のごみ箱。ACEのロゴ入り。

植物で作ったような電柱

バンシーの足跡?

お手洗いは研究所らしき古い建物の中に。外壁にある看板。

キャストメンバー用のドア。

飲み物などを売っているカート

この日はNa’vi(ナヴィ)になれるフェイスペイントのブースで、ディズニーの人達が撮影をしていました。

エリアの風景、雰囲気はこちらのビデオでもご覧いただけます。

次回は2つあるアトラクションの中で、小さいお子さんでも乗れる「ナヴィ・リバー・ジャーニー」についてご紹介します!

スポンサードリンク