料理の鉄人の味が楽しめる「 Morimoto Asia 」

スポンサードリンク

世界中にたくさんのレストランをプロデュースし、「料理の鉄人」、アメリカ版「Iron Chef」で有名な森本正治シェフが手がけたアジア料理レストラン Morimoto Asiaは、ディズニー スプリングスのスタイリッシュなレストランが並ぶThe Landingエリアにあります。ここでは日本食を始め、様々なアジア料理のメニューが揃っています。

ロゴにある森本シェフの角印がなんだかおしゃれです。夜になると柔らかな光を放つ外壁の漢字達もとても美しいです。っと見ていると隠れミッキーが!写真で探して見てください:)

他のほとんどのレストランもですが、こちらもとても人気のレストランですので早めの予約を強くお勧めします。予約はディズニーワールド公式ウェブサイト(英語版)からできます。

店内へ入るとモダン+和風な雰囲気でとってもおしゃれです。

入ってすぐの頭上には瓶詰めの工場コンベアのようなオブジェが

レストラン内で一番印象深いシャンデリア

壁や柱も日本を思わせる木造デザイン

ふと見上げるとここにも隠れミッキー!

今回はお友達と合計5人で分けながら食べることに。メニューはこちらからご覧いただけます(ランチとディナー、夜食でメニューが分かれています)。

ドリンクは、車を運転する+お酒に弱いのでタイティーに。さっぱりしていてゴクゴク飲めてとても美味しかったです。

お友達はマンゴー抹茶パンチ( Mango Matcha Punch )に挑戦。ウェイターさんが商品名を言うたびに「抹茶」が「マッチョ」にしか聞こえず、なんだか可愛かったです・・。トップには抹茶パウダーとマンゴー、ライチがのっていておしゃれです。マンゴー味たっぷりのお味だそうです。

前菜はTuna Pizza。パリッとしたトルティーヤの上にマグロの刺身、トマト、ハラペーニョがのっています。ハラペーニョがのっていますが、マグロの美味しさの邪魔をせずピリ辛程度でした。マグロのなめらかな舌触りとトルティーヤのサクサクがいいコンビネーションです。

そしてメインはお寿司(上握りセット)とお店のお勧めである北京ダックを食べることに。お寿司はどれもとても美味しかったです。そしてシャリが驚きの美味しさ・・!正直なところ、お値段($90くらいだったと思います)の割にはちょっと物足りない感も・・これでウニやイクラが付いていたら申し分ない・・といった感じです。でも旦那がシーフード嫌いなこと、アメリカに住んでいることもあり中々美味しいお寿司を食べる機会がないので、それを思うと食べてよかったなと満足です。日本から来る方で、お寿司が恋しくてどうしても食べたいー!という方にはお勧めしますが、日本に帰って本場の美味しいお寿司を食べるのでもいいかもしれません。

そして目玉の北京ダック!こちらは2人前が1セット($54(2017年3月現在))になっています。暖かいトルティーヤにお肉と野菜を挟んで2種類のソースでいただきます。

皮はパリパリ感とジューシーさがたまりません!お肉も柔らかくてとっても美味しかったです。恥ずかしながら、人生で初の北京ダックでした。これは次回来店時もオーダーしたいです。ボリュームも満点で、先ほどの前菜とお寿司とこちらを5人で分けましたが、みんなお腹いっぱいになって北京ダックが少し残って持ち帰ったくらいです(残ってしまった食べ物は、ウェイターさんに「ボックスください」と頼むとお持ち帰り用ボックスを貰えます)。

お値段は結構しますが、店内、サービス、味も満足の夕食でした。メニューの中にはラーメンやチャーハンなどお手頃なものもありますので、アジア料理、日本料理が食べたくなったらぜひ行ってみてくださいね!

スポンサードリンク