待ち時間も退屈しない!空飛ぶダンボ “Dumbo the Flying Elephant”

スポンサードリンク

ディズニーパークではお馴染みのダンボ。子供の時に乗った思い出のある大人の方も多いと思います。私は5歳の時に初めて東京ディズニーランドへ連れて行ってもらい、最後に乗りたいと親にお願いしたものの、乗る直前で恐くなって迷いに迷って乗らなかった悔しい思い出があります・・

マジックキングダムのダンボはオープン時のオリジナルアトラクションの一つで、2012年にダブルダンボ(アトラクションが2台)になりました。

ファストパスもあるので並ばずにすぐ乗りたい時も便利ですが、「他のアトラクションでファストパスを使ってしまってスタンドバイ、しかも結構並んでる〜!」、「子供と長時間並ぶの大変だな・・最後までがんばって待ってくれるかな・・」なんてこともあるかと思います。でもご安心を!こちらのダンボは、並び列途中のテントの中にプレイエリアが設置されていて、列に並んでいる間に遊びながら待つことができます。

テントに入ったら右手にプレイエリアが見えてきます。混み状況にもよりますが、入り口でキャストの方へ人数を知らせて、ペイジャーを受け取ります。利用をしない場合はそのまま列で待ちます。

入るとそこはダンボが登場するサーカス!上を見上げるととってもかわいいダンボが飛んでいます。

小さいお子様には、専用のスペースが設けられています。お子様を見守る親御さんなどもゆっくりできるように周りにはベンチがあります。

アクティブなお子様には、待ち時間ということを忘れてしまうような楽しいアスレチック系遊具が設けられています。ロープを持って渡り歩いたり、音がなる巨大階段を登ったり滑り台に滑ったり。私の子供達も大興奮で全ての遊具で何度も遊んでいました。

お子様が楽しんでいる間は大人の方もリラックスができるように、サーカス観客席のようなベンチが多数あります。座って涼しいところでアトラクションの列を待てるって素敵です。お子様連れでない方にもオススメです。

プレイエリアはどうしても細菌などが心配。そんな時は殺菌用ジェルが壁に付いています。

そして待ち時間を忘れてしまう頃に受け取ったペイジャーが鳴ります。

ペイジャーがかわいい音と共に点滅したと思って聞いていると・・!!ペイジャーからダンボの友達ティモシーの声が!「もう行く時間だよ!」と教えてくれます。これにはとっても感動。ペイジャーをキャストの方へ持って行き、再度列に並びます。そこからはすぐに外の待ちスペースへ出て、自分の順番を少し待つだけ。ダンボと一緒に空の旅へいってらっしゃい!今回は夜に乗ったので、綺麗な満月とも一緒に飛ぶことができました。

時間帯によってはスタンドバイが長い待ち時間になる空飛ぶダンボ。ぜひテント内のプレイエリアも訪れてみてください!

スポンサードリンク